13:00 - 13:20
OPENING REMARKS

「第三の開国」が日本を変える
ー 新経済連盟が目指す、新しい日本

2019年、新経済連盟のテーマは「第三の開国」です。明治維新、そして終戦後に匹敵する大変革の時を、いま日本は迎えています。2012年6月の活動開始から丸7年を迎えた新経済連盟が目指す、新しい時代の、新しい日本の姿を、代表理事の三木谷浩史が語ります。経済団体として世界でも類を見ない新しい取り組みについても発表します。是非ご期待ください。
三木谷 浩史
一般社団法人 新経済連盟 代表理事
楽天株式会社 代表取締役会長兼社長
三木谷 浩史
三木谷 浩史
1965年神戸市生まれ。1988年一橋大学卒業後、日本興業銀行(現 みずほ銀行)に入行。1993年ハーバード大学にてMBA取得。日本興業銀行を退職後、1996年クリムゾングループを設立。1997年2月株式会社エム・ディー・エム(現 楽天株式会社)を設立し、同年5月インターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設。現在、楽天グループとして、Eコマース、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など多岐にわたる70以上のサービスを提供する。2019年10月には、日本における第四のキャリアとして移動体通信事業(MNO)のサービスを開始予定。

2011年より東京フィルハーモニー交響楽団理事長を務めるほか、2012年6月に発足した一般社団法人新経済連盟の代表理事を務める。2015年よりライドシェアサービスを提供するLyft社のDirectorに就任し、2016年にはがん光免疫療法の商業化を目指すAspyrian Therapeutics社(現 Rakuten Aspyrian社)の会長に任命され、2018年より同社のCEOも務める。