YOSHIKI

作曲家、プロデューサー、アントレプレナー

YOSHIKIは、ソングライター、ドラマー、クラシックのピアニストとして活動している。これまでに天皇陛下の奉祝曲、愛知万博の公式イメージソング、ハリウッド映画のテーマソング、そして世界最高峰のゴールデングローブの公式テーマ曲までプロデュースしている、世界で活躍する偉大な音楽家である。

YOSHIKI率いるX JAPANは、これまでアルバム・シングルを合わせ3000万枚を超える売上げを誇り、55,000人収容の東京ドームを18回にわたりソールドアウトにした記録を持つ伝説のバンド。2014年、米・ロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演、2017年1月、米クラシックの殿堂カーネギーホールでのYOSHIKI単独公演、そして3月英ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ(現SSEアリーナ・ウェンブリー)公演を大成功させ、音楽の3大殿堂を制覇するという記念すべき快挙を成し遂げた。

また音楽活動以外にも、米国“501(C)(3)” 非営利公益法人 Yoshiki Foundation Americaの設立や、   外務省が開設した日本文化の発信施設「JAPAN HOUSE」のアドバイザー就任、また自身が立ち上げた着物ブランド「YOSHIKIMONO」のデザイナーとしての顔も持ち、活動は多岐に渡る。

昨年秋に北米全土で、そして今年3月に日本公開されたX JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」は大きな話題を呼び、今世界中から更なる注目が集まっている。