田瑜

YUNEEC technology 創業者兼CEO

Yuneec TechnologyのCEOである田瑜は、電動飛行機を作ることを夢見た少年時代からずっと、飛ぶことに情熱を持っている。その情熱が、Yuneec Technologyを電動飛行機業界のリーディングカンパニーに育てた。

彼はYuneec Technologyを創業、ドローン業界のパイオニアであり、最も象徴的且つ成功したドローンを設計した。その過程で知財を活用し、Yuneec Technologyは電動飛行機のバリューチェーンにまたがる特許ポートフォリオを保持している。田瑜の電動推進力に関する深い知識は、世界初の有人電動飛行機の機体設計と動力開発を可能にした。さらに、R&D、ワークショップや組立ラインを含む、完全に統合された世界クラスの製造施設を作り上げた。

1989年以降、200件以上の特許を所有しており、アメリカ連邦航空局(FAA)が発行する飛行機およびヘリコプターのライセンスを所有している。

 

・2000年に、初めてのRTFラジコン飛行機、FireBird FireBirdXL等を設計した。
・2009年には、世界初の二人乗り電動飛行機E430を設計し、リンドバーグ電動飛行機賞(Lindberg Electric Aircraft Prize)とUKデザイン賞(UK Design awards)を受賞した。48KW電気推進エンジンと機体はいずれもYuneecによって設計されている。
・24KW電気推進エンジンを搭載したeSpyderは、2013年、世界で初めての電気飛行機として、ドイツ超軽量機協会(DULV: German Ultralight Flying Association)から認定された。
・2014年には、世界初のスマートトランスミッターとグランドステーション機能を併せ持つST24を設計した。これは、2.4GラジオコントロールトランスミッターとAndroidにプレインストールされているアプリを組み合わせたもので、5.8Gデジタルビデオリンクを表示することができ、フライトシミュレータまたはAndroidパッドで使用できる。
・2015年と2016年には、撮影用ドローン・TyphoonQ500とプロ仕様ドローン・TyphoonHのプロジェクトを推進した。
・最近は、垂直離着陸機(VTOL)と有人VTOLのプロジェクトを率いている。