永山 悦子

毎日新聞 編集委員

東京都出身。1991年慶應義塾大法学部法律学科卒、毎日新聞社入社。和歌山支局、前橋支局などを経て、2002~16年東京本社科学環境部。科学環境部では、主にiPS細胞研究などの再生医療、移植医療、生殖補助医療など生命倫理にかかわる先端医療分野を取材するとともに、2010年には世界で初めて小惑星の物質を持ち帰ることに成功した日本の探査機「はやぶさ」の帰還をオーストラリアの現地で取材した。日本の惑星探査を追いかけるウェブサイト(http://mainichi.jp/hayabusa2/)とツイッター(はやぶさ毎日@mai_hayabusa)を運営している。2016年は新設された医療福祉部副部長となり、がん対策基本法成立10年に合わせた長編連載「がん大国白書」を担当した。2017年4月から編集委員。共著に「がんに負けない 治療の最前線」(毎日新聞社)、「『理系』という生き方 理系白書2」(講談社文庫)、「迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3」(講談社文庫)など。