ドリュー・ヒューストン

Dropbox 共同設立者兼CEO

DropboxのCEOであり共同創業者。 Dropboxをシンプルなアイデアから世界中で数億人もが利用するサービスへと成長させた。2006年にマサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学およびコンピューター・サイエンスの学士号を取得。大学卒業後、ドリューは常にUSBドライブを持ち歩くことや、ファイルを自分自身にメール送信しなければならないことに不便さを感じていた。2007年初め、MIT同窓のアラシュ・フェルドーシと組み、後にDropboxとなるプロジェクトを開始。ちょうど立ち上がったばかりのアクセラレータ、Y Combinator に資金調達の申し込みを行った。Dropboxは、Y Combinatorが投資したスタートアップの中で最も成長の速い企業の1つとなった。

さらに10年後の現在、DropboxはSaaS企業としては最速のペースで年間売上10億ドルに達する見込み。登録ユーザー5億人以上、企業ユーザー20万社、世界13の拠点で1,500人以上の従業員を抱える企業となっている。