ベン・ホロウィッツ

Andreessen Horowitz
共同創業者兼ゼネラルパートナー

シリコンバレー拠点のベンチャーキャピタル、Andreessen Horowitzの共同創業者兼ゼネラルパートナー。ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリスト入りした著書『Hard Things -答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』は、現在16か国語で出版されている。

 

Andreesen Horowitz創業以前は、Lotus Development Corporationにてプロダクトマーケティングに携わった後、1995年7月にNetscape入社。Netscape Communicationsにて複数の製品部門統括を務め、また、特に高い評価を受けた同社のディレクトリサービスとセキュリティ製品ラインの担当副社長として従事した。その後、America Onlineの副社長兼Eコマースプラットフォーム担当のゼネラルマネージャーに就任し、同社の代表的サービスであるShop@AOL開発を統括した。それ以降は、Opsware (元Loudcloud)の共同創業者兼CEOとして、2007年に同社を16億ドル超でヒューレット・パッカードに売却後、HPの副社長兼ソフトウェアのビジネステクノロジー最適化担当ゼネラルマネージャーを務めた。

 

コロンビア大学でコンピュータ・サイエンスの学士号、UCLAでコンピュータ・サイエンスの修士号を取得。

 

ベン・ホロウィッツは現在、Andreessen Horowitzのポートフォリオ企業である21、Capriza、Databricks、Foursquare、Genius、Lyft、Magnet Systems、Medium、NationBuilder、Okta、SignalFX、Tanium、TransferWise、Usermindの各社にて取締役を務めている。また、コロンビア大学および NPO組織CODE2040の理事も務める。